ビートメイカーです。マスタリング時には超低音域はカットするのでしょうか?

マスタリング時に超低音域をカットするかどうかは、プロジェクトの目的や音楽のジャンル、配信形態(CD、ストリーミング、ビニールなど)によって異なります。

一般的には以下のようなガイドラインが考えられます:

  1. 超低音域の存在意義: 一部のジャンル(特にエレクトロニック・ダンス・ミュージックやヒップホップ)では、超低音域が楽曲に重要な役割を果たしています。このような場合、必要以上にカットすることは避けるべきです。
  2. オーディオ品質: 一部の低品質なオーディオシステムやスピーカーは、超低音域を正確に再生できない場合があります。そのような場合、聴取環境によっては超低音域をカットすることが望ましい場合もあります。
  3. ヘッドルームとクリアランス: マスタリング時に全体の音量を上げる必要がある場合、超低音域が存在するとそれがクリッピングや歪みを引き起こす可能性があります。このような場合には、注意深く超低音域を調整またはカットすることがあります。
  4. 目的と配信形態: ビニールレコードの場合、超低音域が多いとプレス時に問題を引き起こす可能性があります。また、ストリーミングでの配信を考慮する場合、データレートが低いと超低音域が失われる可能性があります。

具体的なカットの周波数はプロジェクトによって異なりますが、20Hz以下の音は人間にはほとんど聞こえないため、この域をカットすることが一般的です。ただし、このような低域が楽曲やミックスに「感じられる」影響を持つ場合もあるため、絶対的なルールはありません。

マスタリングエンジニアとしっかりとコミュニケーションを取ることで、最良の結果を得られるでしょう。