ビート販売において、ビートを不正使用から守る方法

ビートメイキングにおいては、自分の制作したビートが不正に使用されることがあります。例えば、自分のビートを無断で使用して利益を得る人がいたり、自分のビートを盗まれていたりすることがあります。そのため、ビートメイカーとしては自分の制作物を守ることが重要です。

そこで、この記事ではビートメイキングにおいて自分のビートを不正に使用されることから守る方法について解説します。

ボイスタグを入れる

著作権登録を行うことは、自分の制作物を守る上で重要なステップとも言えますが、ビートメイキングにおいてより手軽に自分の制作物を守る方法があります。それが「ボイスタグを入れる」という方法です。

ボイスタグとは、ビートの冒頭や終盤に、自分の名前や制作元などの音声を挿入することです。例えば、ビートの冒頭で「Produced by [自分の名前]」という音声を流すことで、自分が制作したことをアピールすることができます。

また、ビートの終盤に「This is [自分の名前]」や「[自分の名前] on the beat」といったボイスタグを入れることで、自分が制作したビートであることを明示することができます。

ボイスタグを入れることによって、自分が制作したビートが不正に使用された場合でも、誰が制作したものかが明確になります。不正使用した人が、そのビートを制作したと主張することができなくなるため、自分の制作物を守ることができます。

また、ボイスタグを入れることで、自分のビートに独自性を与えることができます。自分の名前や制作元を含んだボイスタグは、他のビートメイカーが制作したビートと区別するためのヒントになります。聴いた人が、自分が制作したビートを覚えてくれることで、自分のファンを増やすことができるでしょう。

ボイスタグの入れ方

ボイスタグを入れる方法は、簡単です。まずは、ビートの冒頭や終盤に挿入する音声データを作成します。このとき、音声データは、クリアな音声であることが重要です。不明瞭な音声だと、聴く人にとっては迷惑になってしまうためです。

次に、音声データをビートに合わせて編集します。ボイスタグは、ビートの冒頭や終盤に挿入するのが一般的ですが、自分で好きな場所に挿入することができます。

編集が完了したら、ビートとボイスタグを合成して一つの音声データにします。このとき、ボイスタグの音量は、ビートに負けない程度に設定することが大切です。

まとめ

自分が作ったビートが不正に使用されることは、ビートメイカーにとって大きな問題です。しかし、正式な著作権登録以外にも、手軽に自分の制作物を守る方法があります。それが、「ボイスタグを入れる」という方法です。

ボイスタグを入れることで、自分が制作したビートであることを明示することができます。不正使用した人が、そのビートを制作したと主張することができなくなるため、自分の制作物を守ることができます。

ただし、ボイスタグを入れすぎると、聴く人にとって不快な思いを与えることがあります。そのため、ボイスタグは適度に入れることが大切です。また、ビートを販売する場合には、利用規約などでボイスタグの入れ方について定めることが必要です。