DTMにおいて、音を太らせたい時にやるべきこと。

ビートメイキング

DTMにおいて音を太らせるには、以下の方法があります。

  1. レイヤリング 同じ音源を重ねて重ねることで、音を太らせることができます。これにより、音がより豊かに聞こえ、フルネスと厚みを持つようになります。
  2. ステレオイメージング ステレオイメージングを使用すると、音の幅を広げることができます。この方法では、左右のチャンネルに異なるエフェクトを適用して、より広がりを持たせます。具体的には、ディレイ、リバーブ、コーラスなどを使用することができます。
  3. イコライザー イコライザーを使用すると、特定の周波数帯域を増幅することができます。これにより、音の厚みを調整することができます。例えば、低周波帯域を増幅することで、ベース音を強調することができます。
  4. コンプレッション コンプレッションを使用することで、音をより一体感のあるものにすることができます。コンプレッションをかけることで、音量の変化を均一化することができ、音がより一体感を持つようになります。

以上の方法を組み合わせることで、より太く、豊かな音を作り出すことができます。ただし、これらの方法を使用する前に、自分が作りたい音のイメージをしっかりと持ち、そのイメージに合わせたエフェクトを選択することが重要です。

アバター画像

1982年生まれ、ヒップホップやラップビートの制作、及びアーティストのプロデュースやコンサルティングをしているビートメイカー兼音楽プロデューサーです。音楽活動と個人ブログを介して、スモールビジネスのウェブ上でのマーケティング戦略を研究しています。インターナショナル育ちのため、英語が分かります。趣味は筋トレ、写真加工、WordPressカスタマイズ、K-Pop、web3、NFT。韓国が大好き。

Genx Beats [ゲンクスビーツ]をフォローする
ビートメイキング
スポンサーリンク