ラップソングをミックスする時、どれくらいの音圧にすれば良いの?

ラップソングのミックス時の音圧は、いくつかの要素によって異なります。

主な要素

  • 音楽配信サービス
    • 各サービスによって推奨される音圧値が異なるため、配信予定のサービスを確認する必要があります。
    • 一般的なサービスと推奨音圧値は以下の通りです。
      • Spotify: -14 LUFS
      • Apple Music: -16 LUFS
      • YouTube Music: -14 LUFS
      • SoundCloud: -12 LUFS
  • リスニング環境
    • クラブやライブハウスなど大音量で聴かれる場合は、-8 LUFS程度まで音圧を上げる場合があります。
    • 一方、スマートフォンやパソコンなどのスピーカーで聴かれる場合は、-16 LUFS程度に抑えるのが一般的です。
  • 楽曲のジャンル
    • トラップやヒップホップなど低音域が強調されるジャンルは、他のジャンルよりも音圧を上げることができます。
    • 一方、バラードやアコースティック系の楽曲は、音圧を上げすぎると音が潰れてしまうため、控えめに設定する必要があります。
  • 個人の好み
    • 音圧の感じ方は人によって異なるため、最終的には自分の好みで調整することが重要です。

音圧調整のポイント

  • ラウドネスメーターを使用する
    • 音圧を調整する際は、ラウドネスメーターを使用して正確な値を確認することが重要です。
    • 多くのDAWソフトには、ラウドネスメーターが標準搭載されています。
  • リミッターを使用する
    • 音圧を最大限に上げる場合は、リミッターを使用する必要があります。
    • リミッターの設定値は、楽曲のジャンルやリスニング環境に合わせて調整します。
  • 試聴を繰り返す
    • 音圧調整は、試聴を繰り返しながら行うことが重要です。
    • さまざまな環境で聴き、最適な音圧を見つけるようにしましょう。