Spotifyの新しいロイヤリティシステム

Spotifyは2024年初頭から収益の分配を「過去12カ月間で楽曲の再生数が少なくとも1000回に達した楽曲」に限定すると発表しました。Spotifyで配信するのはやめるべきでしょうか?

そうですね、Spotifyのこの新しい方針はアーティストにとって厳しい条件だと思います。

1000回の再生数に達しないと収益が得られなくなるので、少ないリスナーしかいないインディーズや新人のアーティストにとってはハードルが高すぎるでしょう。

ただ、Spotifyは世界最大の音楽ストリーミングサービスなので、完全に配信をやめるのはリスナーへのアクセスを失うリスクが大きいと思います。

代替策として、他のストリーミングサービス(Amazon MusicやApple Musicなど)でも配信し続けることをオススメします。複数のプラットフォームでファンの獲得を目指すのが賢明だと考えます。

また、自身のウェブサイトやSNSを使ってファンと直接繋がることも大切です。Spotifyへの依存を減らし、自らのファン基盤を築く努力を怠らないことが肝要だと思います。