AIが人々に代わってどんどん音楽を作成する時代に、フリーで使用できる音楽はもはや重要ではなくなるのでしょうか?

AIが音楽を生成する技術の発展により、フリーで使用できる音楽の意義が変わるかもしれませんが、いくつかの要因が影響を及ぼすでしょう。

  1. 品質: AIが一貫して高品質の音楽を生み出し、多様な趣味に対応できる場合、従来のフリー音楽の需要が減少する可能性があります。しかし、音楽創作におけるユニークな人間のタッチを完全に機械が再現することは難しいと多くの人々が考えています。
  2. カスタマイズ: 特定のニーズ(如何なる持続時間、ムード、楽器編成など)に合わせて音楽を調整できるAIの能力は、バックグラウンドミュージックやアンビエントなサウンドのような多くの用途にとって、優れた選択肢となるかもしれません。
  3. ライセンスと権利: AIが音楽を作成しても、使用したソフトウェアやプラットフォームに応じてライセンスの問題が発生する可能性があります。AI生成音楽のプラットフォームの中には、商用利用のための料金を請求するものや、他の制限を設けるものもあるかもしれません。
  4. 感情的なつながり: 音楽は多くの場合、感情的な物語や経験、文化的ニュアンスを持っています。AIは音楽の中の感情をシミュレートすることができますが、人間のミュージシャンの本物の物語や経験は、リスナーとのユニークなつながりを作り出すことができます。
  5. ニッチや伝統的なジャンル: 文化や歴史的な背景を持つ音楽ジャンルは、AI生成の代替品に対して抵抗力を持つかもしれません。
  6. 経済的要因: AI生成音楽が主流となり、特定の用途のコストを削減する場合、音楽業界のダイナミクスが変わり、フリー音楽の需要と供給に影響を及ぼす可能性があります。

結論として、AI生成音楽は将来的にはより重要な役割を果たすことが予想されますが、フリーでの人間が作った音楽の意義を無視することはありません。両方の形態は、異なるニーズや好みに応じて共存するかもしれません。