ラップ録音において、マイクとポップガードの距離はどうすれば良いのか?

ラップ録音におけるマイクとポップガードの距離は、以下のポイントを踏まえて調整すると良いでしょう。

基本的な距離

  • マイクとポップガード:5~10cm
  • ポップガードと口:5~10cm
  • マイクと口:10~20cm

調整のポイント

  • 声の大きさ:
    • 声が大きい場合は、マイクと口の距離を少し遠ざけて、音割れを防ぎます。
    • 声が小さい場合は、マイクと口の距離を少し近づけて、音質を向上させます。
  • マイクの種類:
    • 指向性の高いマイクの場合は、マイクと口の距離を少し近づけても問題ありません。
    • 指向性の低いマイクの場合は、マイクと口の距離を少し遠ざけて、周囲の音の影響を抑えます。
  • 録音環境:
    • 部屋が広い場合は、マイクと口の距離を少し遠ざけて、反射音を抑えます。
    • 部屋が狭い場合は、マイクと口の距離を少し近づけて、音質を向上させます。

その他

  • ポップガードは、マイクから唾液や息が直接当たるのを防ぐだけでなく、破裂音(PやBなどの音)によるポップノイズを抑える効果もあります。
  • マイクとポップガードの距離は、あくまでも目安です。実際に録音しながら、最適な距離を探しましょう。
  • 録音を聞き返し、音質やノイズを確認しながら、マイクとポップガードの距離を調整するのがおすすめです。