AIで曲を作るのが楽しいのですが、発表して良いのか迷ってしまいます。

AIで作成した曲を発表する際の考慮点はいくつかあります。以下に主なポイントを挙げてみます。

  1. 著作権: まず、使用したAIのライセンスや利用規約を確認してください。AIが生成したコンテンツに関する権利がどのように取り決められているかによっては、公開や商業利用が制限される場合があります。
  2. オリジナリティ: AIは既存のデータに基づいて新しいコンテンツを生成します。そのため、生成された曲が他の既存の曲と似てしまっている可能性があります。誤って著作権侵害をしてしまうリスクも考慮する必要があります。
  3. 意図: AIでの曲作成はツールとして使用することが多いです。発表する際に、あなた自身のクリエイティブな取り組みやAIとのコラボレーションの過程など、背景や意図を共有すると、リスナーにとっても興味深いものとなるでしょう。
  4. 受け入れ: AIで作成された曲には賛否両論があるかもしれません。批判や賛美の両方を受け入れる準備が必要です。

最終的には、あなたが作った曲に自信があるなら、それを共有するのは良いことだと思います。発表することで、フィードバックを受け取り、成長する機会にも繋がります。